谷六・路地裏の素敵スローライフカフェ・hinata boccoさん

空堀商店街の魅力の一つは、路地裏にあると思っています。

メインのアーケードから1本北や南に入ると、細い道に町屋が並んでいたり、高さの不揃いな階段があったり、お地蔵さんの祠が大切にされていたりする。

まるで昭和にタイムスリップしたかのような光景です。

そんな谷六にとても似つかわしい、小さな路地にたたずむカフェ・hinata bocco(ひなたぼっこ)さん。

体にやさしい手作りスイーツと丁寧にいれたコーヒーが美味しい路地裏カフェです。

(すべての画像はオーナー様の許可を得て撮影しており、転載不可)

ドアを開けてびっくり!
こんなに可愛い空間が広がっているなんて。

白壁×木のぬくもり。

むき出しになっている天井の鉄骨もオシャレに見える。

素敵なセンスだなあと思います。

hinata boccoさんは、食材の安全性をとても大切にされています。

手作りおやつには国産小麦粉を使用し、白砂糖は使いません。
おやつの甘味はメープルシロップやきび砂糖が中心だそうですよ。

そんなhinata boccoさんのコーヒーは2種類。

浅煎りのひなたぼっこコーヒー…有機栽培豆、フェアトレードの東ティモール産

深煎りのホットコーヒー…無農薬栽培豆、バリ島アラビカ種

私は後者をチョイス。

最近になって深煎りの濃いコーヒーが好きだと気付いた私には、こちらのホットコーヒーがとても美味しかったです。

ホットサンドも2種ありました。

・A ひじき×ごま

・B ハム×チーズ

Bを頂きましたが、小鉢のサービスが嬉しかったです。

おやつセットも2種。

・A アイスクリーム+クッキー

・B 手づくりミニたいやき2個

先日、Bをいただきました。

小豆と生クリームの組み合わせ、疲れた頭に効きますね~。

ほかにも豆乳を使ったスイーツやドリンク、トーストなどのメニューがあり、どれも美味しそうでした♪

カフェ&喫茶店好きの私ですが、こんなに「もっと早く知りたかった!」と思った場所はありません。

それは可愛い店内や美味しいフード&ドリンクはもちろんのこと、オーナー様のお人柄によるところも大きい。

ご自身がきっとカフェという空間がとても好きで、お客さんの気持ちをよく分かっていらっしゃるのだろうなあ、と感じました。

それに人見知りの私が、初対面でかなり色々しゃべってしまった…。

また、カウンターには本も置いてあり、静かな時は読書がはかどります。

喫茶店が舞台の小説『コーヒーが冷めないうちに』を読みました。

壁の棚には手作り小物やアート作品が置いてあります。

貴納大輔さんというイラストレーターの絵に一目惚れして、ハガキを買いました。

パッチワーク・ウクレレ・書道など、色々なワークショップも開催されているそうですよ。

営業日が木~日曜日なので要注意!

<営業時間>
木・金曜日…12〜19時
土曜日…10時半〜19時
日曜日…10時半〜18時
・営業カレンダーはこちら

詳しい地図はこちら↓

スポンサーリンク

フォローする