大阪から仙台、夜行バスの旅!ジャムジャムエクスプレスを利用した感想

先日、大阪から夜行バスで仙台に行ってきました!

腰痛持ちの自分にはさすがにキツイのでは…と思いつつ、今回は旅費を抑える必要があったのと、何より「夜行」という響きにいくつになっても抗えず。

今回私が利用したのは(株)ジャムジャムエクスプレス関西が運行するJX362便

関西からは三宮・USJ・梅田・京都の4ヵ所から乗車可能で、運行スケジュールは以下のとおりです。

20:00 神戸三宮発
20:40 USJ発
21:10 梅田発
22:15 京都駅発
翌09:30頃 仙台駅東口着

大阪からは12時間ちょっとの長旅!

乗り場は梅田・プラザモータープールです。

ジャムジャムライナーJX362便の特徴と料金

ジャムジャムライナーJX362便は、バスの前半分が3列独立シート後ろ半分が4列シートになっています。

3列と4列ではストレスの度合いがかなり違いますので、私は高速バスでは必ず3列シートを利用しています。

その他の特徴は

・乗務員2名による運行
・トイレ付き
・全席充電コンセント付き
・ゆったりリクライニング
・レッグレスト&フットレスト付(一部除く)
・ブランケット貸出あり
・使い捨てスリッパ&アイマスクのプレゼント

私は今回一人旅でしたが、二名で申し込みの場合は隣の席を用意してくれます。

料金は時期や日にちによって異なりますが、私が利用した11月末の平日は楽天トラベル(高速バス予約)でちょうど7,000円でした。

ちなみに4列シートだと5,000円台。

高速バス最大のメリットはやはりこの安さですね!

ジャムジャムエクスプレスJX362便に乗った感想

3列独立シートの場合、全席カーテンで仕切れる車両もありますが、今回はそういった仕切りはなし。

でもわりとすいていて、前にも後ろにも横にも人がいなかったので気になりませんでした。
むしろ一人一人の空間が広く余裕があって、これはかなりラッキー!
平日の長距離バスではたまにある幸運ですね。

席は左窓側列のちょうど真ん中。
反対の右列はトイレへの降り口なので足元のライトが消えませんが、眠りの妨げになるほどではありませんでした。

煙草はもちろん、飲酒も禁止なのが良いですね。
狭い車内、酒臭いのは本当に勘弁です。

JX362便のシートにはレッグレストもあり、かなり快適です。
前座席のポケットには、使い捨てスリッパとアイマスク、エチケット袋。

シートサイドには携帯電話&スマホの充電用コンセントがあるのも便利かつ安心です。
ただしヘアアイロンなどは絶対に使わないよう注意がありました(そんな人いるんですね…)。

最後の乗車場である京都駅までは灯りをつげたままで運行し、10:25に灯りが消され、予備灯に切り替わります。

そのまま最初の休憩場所である多賀サービスエリアまでは予備灯をつけたまま走行し、多賀を出発する際に完全消灯となりました。

多賀SAを出た後は、途中さらに二ヶ所でトイレ休憩あり。

ジャムジャムライナーは各SAでの休憩時間がわりと長めにとられていると思います。

明け方はやや寒く感じましたが、それ以外は車両にも運転にも乗務員さんの対応にも、まったく問題なし!

12時間の長旅ですが、終始快適に過ごすことができました

前後に人がいなかったのも大きいですが、正直、こんなにストレスフリーなバス旅行になるとは思わなかった!

お得感もあり楽しく、またちゃんと眠ることもできて申し分なし♪

大阪―仙台間、日にちと車両・シート次第では、まったく苦にならないバスの旅ができますよ。

スポンサーリンク

フォローする