空堀商店街のレトロモダンな喫茶店・道勝cafe

空堀商店街の近くに引越してきて良かったなあと思うことは沢山あるのですが、喫茶店やカフェの充実度合もそのポイントの一つです。

こちらの記事でもふれたように喫茶店というものに思い入れのある私にとって、「どんなお店が近くにあるのか」はその街の魅力に直結します。

そんな私の空堀好きを大いに後押ししてくれているのが、大正ロマン風の建築&内装が素敵な道勝(michimasa)cafe

このレトロな外装も空堀商店街の雰囲気にマッチして素敵ですが、中にお邪魔するとどこから順に堪能したら良いのか分からなくなるほど!

たとえば、見上げると灯りのデザインも一つずつちがっていたり。

(店内写真はお店の許可を得て人のいない時に撮影&掲載しており、転載は不可)

フロアのは和、に対して、ガラスを隔てた厨房側のは洋。

この和洋の組み合わせセンスがたまらなく好き!

灯りだけではなく、窓とその枠にも素敵すぎるコントラストが。

なんとすべての窓にステンドグラス。

大正モダンなステンドグラスと古い木の枠の組合せ、最高です!

中庭に出られる扉にまで。

開けて外に出てみましたよ。

趣のある小さな日本庭園。

紅葉の木が植えられているので、秋には赤く色づくのが見られるのですね。

それも今から楽しみです。

今回私はこの庭園に一番近い、奥のテーブルに案内されました。

そのテーブルから見える厨房のお洒落なこと。

お庭と厨房、どちらを見ても眼福だなんて、すごい設計だと思いませんか!

シフォンケーキと珈琲のセットをいただきました。

シフォンケーキは食感だけじゃなく、甘さもふんわりして優しい。

実は珈琲が苦手で基本的にはミルクなしで飲めない私でも、単体でああ美味しいなと思える珈琲でした。

このカップ、道勝さんオリジナルです。

このロゴはドリッパーや大阪城など、複数のモチーフが入っているんですって!

窓にもこのデザイン。

単に洗練されているだけでなく、レトロモダンという大好きなテイスト。

この空間の中にいると、仕事のアイディアがどんどん出てきます。

そう、素晴らしい喫茶店というのは、そのインテリアや雰囲気、サーブする食事や飲み物が、インスピレーションを与えてくれるのです。

混雑するご飯時を避けて、ゆっくりお茶しながら考え事をすることが多いですが、ランチのチキンライスが美味しいので有名なんですよね。

今度はランチに来てみようと思います。

一階はテーブル席が5つで、それぞれに椅子が2脚ずつ。

二階もあって、お座敷になっています。

着物を着て来たくなるなあ。

詳しい場所はこちら↓

地下鉄谷町六丁目駅4番出口から徒歩2、3分です。