谷町近くの美味しいたこ焼き屋さん・その名も「谷町コロッケ」

大阪に戻って来て最初に食べたたこ焼き…それは「ドン・キホーテ法円坂店」とスーパー「イズミヤ」の向かいにある、こちらのお店で買ったもの。

おひげを伸ばしたらサンタクロースに見えそう!が第一印象の店主さん。

看板にはお店の名前がないので本当は何というのか聞いてみると、「谷町コロッケにしよう思てんねん。」

か、かわいい…!

こちらの店主さんの作られるたこ焼きには、ほかにはない旨味があるんです!

美味しさの秘訣を聞いてみると、なんと作り方を解説しながら実演してくださいました。

ふとっぱら!!

この画像で「ああ、天かすね」と思った方もいらっしゃるでしょう、しかしただの天かすじゃあないんです。

というわけで、今回はこちらのたこ焼き屋「谷町コロッケ」さんの美味しさのヒミツを紹介いたします!

イズミヤ向かいのたこ焼き屋さん「谷町コロッケ」

谷町四丁目駅から歩いて5分、銅座公園の隣の自転車屋さんのそのまた隣。

赤い屋台と提灯が目印の「谷町コロッケ」さん、たこ焼きメニューと値段は次のとおりです。

~たこ焼きメニュー~

・ソースのみ
・ソースマヨ
・塩マヨ
・ポンズ
・ねぎポン
・ねぎ塩マヨ

~たこ焼きの値段~

6個入り…300円
10個入り…500円

※ねぎのせメニューのみプラス100円

でもね、「6個入り300円」とあるけど、6個入ってたためしがありません。

いつも7個入ってます!

美味しいたこ焼きの秘訣を大公開!

まずはたこ焼きの生地を取り出すとスプーンですくい、「ちょっとなめてみい。」と店主。

当然なんだろうけど、美味しいたこ焼きは生地からちゃんと美味しいんですね。

ほんのり甘くて優しい柔らかい味がしました。

そして下の画像では分かりにくいけど、ふつうの生地よりちょっと黄色味が強い。

ふつうより、卵をかなり多めに入れているそうですよ。

その生地を流し込み、たこを入れていったところ。

次に取り出してバーッとふりかけていったのは、鮮やかな赤色の粉末です。

その正体はこれ!

紅ショウガ。ミキサーで粉末状にしているのだそうです。

私、紅ショウガはあまり好きではないのですが、こうして粉末にしてあるから平気だったんだ!

そして次に取り出したのは…

カリッカリの天かす!

「ちょっとつまんでみい。」と言われてそのまま食べてみると…

イカの風味の中にほのかな甘み…この味知ってるよ?

これだけでおやつにもなるし、味が濃いめでビールのつまみにもなる。

そう、イカ天だ!!

イカの形ではなく細長い棒状に作ってもらい、それを砕いて入れているそうです。

工夫がいっぱいですね~。

すごい!こんなにたっぷり載せちゃうんだ…。

熟練の技でかえしていきます。

この場所での営業はまだ二年ほどですが、以前は森ノ宮などほかの場所でもやっていたし、たこ焼き居酒屋を営んでいたこともあるそうです。

いいな~、それは飲みに行きたかった!

…などと話しているうちに、もうすぐ完成。

最後に店主が取り出したのはガラス瓶。

そのラベルを隠してたこ焼き全体に回しかけ、「何だか分かるか?」とクイズをご出題。

う~ん何だろう?

お酒のような…

「シェリー酒や。」

えーっ、たこ焼きにシェリー酒!?と驚いていると

「シェリー酒は食欲を旺盛にするからな。」と店主殿。

確かに食前酒の代表ですもんね…というか、これ全部公開しちゃっていいんですか?

「かまへん!」

やっぱりふとっぱら!!

できました♪

美味しいの知っているけど美味しそう♡

この時頼んだのは、ねぎポンでした。

こんなに載っていてもにおいや辛味はありません。

こちらは別の日に買った塩マヨ。

私はこれがいちばん好き!オススメ!

ところで、屋台の隣にはこんなに安い自販機が。

たこ焼きと一緒に50円のラムネを買うと、懐かしい縁日気分が味わえるかもしれません♪

お店の営業時間は

平日:15:00~20:00くらい

休日:12:00~20:00くらい

定休日は特に設けておらず「雨の日が休みや」ということですが、休む時は金曜か土曜が多いそうです。

それにしてもなぜ店名にコロッケ?と思うかもしれませんが…

もちろんコロッケも売っています!

それも驚くほど美味しいコロッケ!!

メンチカツやハムカツもありますよ~。

次回はこちらのコロッケの美味しさの秘密をご紹介します♪