大阪の古本屋巡り♪天神橋筋商店街・3丁目は古書店の大充実エリア!

子どもの頃から本の虫で、図書館大好き!

そんな私にとって、大阪の図書館事情はちょっと物足りなさを感じるものです。

まあ武蔵野プレイスとか仙台メディアテークとか、比べる図書館のレベルが高すぎるのかもしれませんが…。

でも最近気が付きました。

大阪は古本屋さんがけっこう充実していることに!

最近は古本屋巡りが楽しくて仕方ありません。

中でも天神橋3丁目はいくつかの古本屋さんがまとまってあり、ハシゴができてしまう贅沢エリア。

先日は大雨だったにもかかわらず「古本屋ハシゴしたい欲」が抑えられなくて、防水のショッピングバッグを手に6軒のお店を巡ってきましたよ。

天神橋筋商店街・3丁目の古本屋巡り

さて天神橋筋商店街3丁目、通称「天3」は、地下鉄谷町線の扇町駅と南森町駅の間にあたります。

谷町から行くにあたっては、北の扇町で降りて南森町に南下しながら歩くコースがいいですね。

私が実際に足を運んだ古本屋さんを、北から順にご紹介いたします。

栞書房さん

四条畷市から3年前に移転された古本屋さん。

店内の雰囲気や本の並べ方が、新刊を扱うふつうの本屋さんとあまり変わらず、見やすいのではと思います。

入って左に洋書の絵本がまとめてあったのが嬉しい。

また映画関係のコーナーが充実していてじっくり見たかったのですが、向かいの棚がアダルトコーナーで。

すごい勢いで物色する男性が群がっていて、映画前は塞がった状態…。

ここは次回ゆっくり見直したいところです。

矢野書房さん

お店の奥ににはガラスケースがあり、大正~昭和初期の初版本など、古く貴重な本が並んでいました。

自分が子どもの頃に読んだ、ポプラ社の探偵物の装丁が懐かしい。

名探偵ホームズ全集・全20巻、怪盗ルパン全集・全30巻、少年探偵江戸川乱歩全集・全46巻などは、小学校の図書室で借りてすべて読みました。

現在は絶版になったり装丁が変わってしまったので、昔の表紙にとてもノスタルジーを感じます。

こちらのお店が近隣の他古書店と異なるのは、入り口右側にジャニーズコーナーがあるところ。

そのため若い女性のお客さんが多かったです。

天牛書店さん(天神橋店)

「大阪の安くて良い古本屋さん」としてよく勧められるのがこちら。

店頭ワゴンの本はなんと、オール50円or100円!

どこでも洋書は高いから、ここで何冊かまとめ買いしちゃいました。

天牛書店さんは、温度・照明・音なども含め店内が最も「快適」で、一番長い時間を過ごしました。

本棚によるジャンル分けが明確で、とても見やすい。

それに持っている本が重くなったら、カウンターの隅にキープできるんです。

なんと明治40年創業の老舗だそうで、本店は江坂にあります。

かなり広いようだし、一度行ってみたいものです。

ハナ書房さん

この看板見ただけで、もうワクワクする!

しかもこの通路を抜けて奥の階段を昇っていくんですよ!

肝心のお店のお顔は撮り忘れたけど、ぜひ行ってみてください。

扉を開けると古い紙とコーヒーの混ざった匂いがして、大学を思い出します。

中はまるで宝探し!

人文・美術系に強いと聞いてはいたけど、それ系の本が天井まである本棚にびっしり!!

元・文学少年&文学少女にはたまらないと思いますよ。

学生時代にこの本屋さんの近くに住みたかったです。

店員さんに質問したら、「あれ?なんでその本、そこにあるんやろうねえ?」とのんびりした答えが返ってきて和みました。

少々ひんやりしているので、暖かい時に長居したいお店です。

杉本梁江堂さん

ハナ書房さんを出ると、同じビルの真向いにもう一軒古本屋さんが。

こちらも明治36年の創業と老舗で、江戸時代に発行されたものから最新刊まで、幅広く扱っています。

貴重な資料がガラスケースに収納されていましたよ。

比較的通路が広くて探しやすく、欲しかった本と目が合いやすいところでした。

駄楽屋書房さん

店名の字面がいいですよね、ワクワクする感じ。

店内は本の積み上げ方がすごい!

私はこの時点でけっこう荷物を持っていたから、思うように本探しができなかった。

手ぶらで行って「この下には何が隠れているんだろう?」と発掘するのが楽しいお店だと思います。

天神橋3丁目はトラベラーにもオススメ!

天神橋筋商店街は、言わずと知れた日本一長いアーケード商店街

「大阪来たから行ってみようかな」と思っても、2.6キロの道を寄り道しながら歩くのは大変ですよね。

そこで旅行者さんにオススメしたいのが、エリアを絞って歩くこと。

本が好きな方には天神橋3丁目が最適です。

天3や天2にはレトロな喫茶店やカフェもあるので、歩いて休んで歩いて休んで、マイペースで古書店散歩を楽しむことができますよ!

スポンサーリンク

フォローする